炭水化物をカットするサプリの口コミランキング最新版

タンパク質と炭水化物を同時摂取するべき?

 

人間の体にとってタンパク質も炭水化物も必要不可欠な栄養素です。あまり大量の炭水化物を摂取することも体に悪いのですが、あまり摂取しないのも同じく良くないのです。上手にタンパク質と炭水化物を摂取していくことで、スムーズにセロトニンの分泌量を増やしていくことが出来るとされています。

 

セロトニンの分泌量を増やしていきたいのであれば、どちらか片方の栄養素だけを摂取するのではなく、タンパク質と炭水化物をバランスよく摂取していくようにしましょう。バランスよく摂取していくことによって、効率よくセロトニンを分泌しやすくすることも可能となります。タンパク質と炭水化物を併用することによってどのようなメリットが期待出来るのでしょうか?

 

セロトニンの分泌量が増えることによって、効率良く脳までトリプトファンを運搬することが出来るようになります。逆にセロトニンが不足してしまっていると、それだけトリプトファンも運搬しづらくなってしまうのです。セロトニンは炭水化物不足になってしまっていると不足してしまいます。そのせいでトリプトファンを供給しづらくなってしまって、脳が栄養不足になりやすくなってしまうのです。ですから炭水化物抜きをしてタンパク質だけを摂取する、またはタンパク質抜きで炭水化物だけ摂取するのではなく、どちらの栄養素も食事でバランスよく摂取していくようにしましょう。

 

炭水化物だけが血糖値を上げる要因ではない

 

血糖値は食べたら上昇していくということは多くの方がご存知かと思います。しかし食事だけが血糖値を上昇させてしまうというわけではありません。血糖値が上昇してしまう行動として他にどのようなものがあるのかをご紹介していきたいと思います。

 

血中に含まれているブドウ糖の濃さを表しているのが血糖値となっています。体の中で炭水化物が分解されることでブドウ糖が作り出されることになるわけですから、糖質や炭水化物が多く含まれているものを口にすると血糖値も高くなりやすくなってしまうということになります。

 

食べ物以外にも副腎皮質ホルモン、いわゆるステロイドや避妊薬のピルなども血糖値を高めてしまう働きがあります。ですので医師にちゃんと処方してもらったものを用法や用量を守りつつ使用していくようにしなくてはなりません。この他にも生理前や大きなストレスを抱える、睡眠不足、疲れが溜まっているなどといった状態になっても血糖値が高くなってしまうこともあります。また、日本酒やビールのように麦やお米を原料にしたお酒を飲んでも血糖値は高くなりやすいですし、タバコを吸ったりコーヒーなどでカフェインを取り込んだ場合も高くなりやすいです。

 

この血糖値を上昇させるホルモンもあります。アドレナリンや成長ホルモン、甲状腺ホルモンなどが該当しています。上昇させる働きを持っているホルモンは数種類あるのですが、反対に血糖値を低下させる働きを持っているのはインスリンのみです。

 

血糖値が高い状態が慢性的に続いてしまったり極度に上昇してしまうと、糖尿病や肥満、高血圧などのような生活習慣病を発病してしまう恐れもあります。ですので血糖値が上昇しすぎないように生活習慣や食生活を見直していかなくてはなりません。

 

炭水化物は一日にどれくらい摂取すればいい?

 

食物繊維と糖質が結びついた状態のものを炭水化物と言います。糖質というとダイエットの敵と思われてしまいがちですが、活動する上でのエネルギーを作り出すために必要不可欠な栄養素です。この糖質は分解されるとブドウ糖になるのですが、筋肉や神経、脳などはブドウ糖のみをエネルギーとして消費しているのです。つまり炭水化物を摂取しなかった場合、様々な面で悪影響が出てしまうことになります。

 

炭水化物が不足していると、痩せすぎの状態になってしまったり集中力の低下などを引き起こしてしまいます。反対に過剰に炭水化物を摂取してしまうのもよくありません。過剰に摂取してしまった場合、糖尿病やメタボなどの原因になりかねません。脂肪が溜まりやすいのであれば、それだけ炭水化物を摂取してしまっているのかもしれません。脂肪は何もしなければなくなることはないので、有酸素運動を行うようにして体の中に蓄えられてしまった脂肪をしっかり燃焼させるようにしましょう。

 

さて炭水化物は一日にどれくらいの摂取量にしておいたほうがいいのでしょうか?炭水化物というのは1日に消費されるエネルギーの半分から6割ほどが適切だと言われています。仮に1日に消費されるエネルギーが2,000kcalと仮定した場合、炭水化物の1日の摂取量は250〜325g程が望ましいという計算になります。

 

炭水化物を摂取しすぎると糖化しやすい!

 

体内に存在している中性脂肪やコレステロール、タンパク質といった脂質に対して糖質が作用することで糖化が発生します。この糖化が生じてしまった場合、老廃物が蓄積されやすくなってしまって病気の原因になってしまうこともあります。

 

糖と結合してしまっているタンパク質のことを終末糖産物といい、老化しやすくしてしまう働きを持っているのです。生活習慣病である糖尿病も糖化によって引き起こされてしまいます。糖尿病というのは合併症が恐ろしいのですが、糖化によって老廃物が蓄積されてしまい、腎症や網膜症などを引き起こしてしまうのです。

 

また糖化してしまうことによって肌も老化してしまいますから、たるみやシミなどのような肌トラブルも発生しやすくなります。さらに血管も老化してしまいやすくなるため、動脈硬化を引き起こしたり悪化しやすくなってしまうのです。血行不良になってしまうと代謝だって当然下がってしまいますし、これによって認知症や白内障、骨粗鬆症などといった病気を誘発してしまう恐れもあります。糖質を普段から必要以上に摂取してしまっていると、それだけ糖化しやすくなる可能性が高くなります

 

最近は運動不足も一因になってしまっているという人も多くなってきていると言われています。運動不足になってしまっていると、それだけ脂肪や糖質を燃焼させることが出来なくなってしまいます。これによって体の中に蓄積された糖質が糖化してしまうのです。

 

炭水化物不足はダイエットの妨げになる?

 

運動をしたのに全然体重を減らすことが出来ない!という人もいるのではないでしょうか?その原因は炭水化物の摂取量が少なくなってしまっているからなのかもしれません。炭水化物=糖質の摂取量を減らしてダイエットをするという方法が人気ではあります。この炭水化物抜きダイエットは始めたばかりの頃は体重も減らしやすいです。ですが運動をしてダイエットをしようとしている人にとって、炭水化物の摂取量を減らしてしまうとダイエットの妨げになりやすくなってしまうのです。炭水化物の摂取量が少なくなりすぎてしまっていると、脂肪が燃焼されにくくなってしまい、結果としてダイエットをしにくくなってしまいます。

 

そもそも運動をするとエネルギーを消費するわけですが、そのエネルギーは糖質によって作られているのです。食事によって吸収された糖質というのはグリコーゲンに変化します。このグリコーゲンがエネルギーの原料になっています。肝心の糖質が不足してしまっていると、エネルギー不足になってしまいダイエットをしにくくなってしまうわけです。

 

また糖質というのは脳で唯一のエネルギーになっているのですが、糖質不足になると生命の危険を認識するようになります。これによって体に蓄えられている脂肪を少しでも消費しないようにしようと司令を出してしまいます。これも炭水化物不足が原因ですので、ダイエットの妨害をしてしまう理由の一つになっています。

 

ですので運動をしてダイエットをする場合は、適度に炭水化物も摂取するようにした方が、結果として効果も上がりやすくなるのです。

 

乳がんに効果が期待できる乳酸菌

 

乳酸菌の中には、乳がんに効果があると言われているものがあることをご存知でしょうか。乳酸菌の中にある、シロタ株という乳酸菌は乳がんに有効だと言われています。そんなシロタ株と言われてもわかる人はあまりいないと思いますが、これは実はヤクルトに含まれている乳酸菌です。

 

これを習慣的に摂取した人には乳がんの発症リスクが低くなったという研究結果が発表されています。乳がんの原因は様々なものがありますが、大豆イソフラボンと相性が良く、相乗効果でホルモンバランスの調整や免疫力の改善などが行なわれることがそんほ理由ではないかと考えられています。ですから、単体で摂取するよりも納豆や豆腐など大豆製品と一緒に摂取するのが有効ということになりますね。

 

他にも、すぐき漬けから発見されたというラブレ菌もまた乳がんに対して有効と言われています。腸内環境を改善する効果が高く、ガン細胞やウイルスを攻撃するナチュラルキラー細胞を活性化して免疫力を高めてくれるそうです。

 

植物性乳酸菌と呼ばれる菌の中には、こういったガンなどに対する効果が期待されるものも多く、毎日続けて摂取することによって予防に有効と考えられます。女性特有のトラブルである乳がんですが、乳酸菌の力によって上手く回避したいものですね。乳酸菌はヨーグルトなどのほか、キムチや納豆、梅干し、味噌、しょうゆなどにも含まれています。発酵食品を積極的に摂取するようにすると良いでしょう。

 

⇒ 植物性乳酸菌サプリの口コミランキング@おすすめはこれでした。

 

妊婦はハトムギを避けるべき

 

授乳中のママは飲食の内容に非常に気を使うものです。自分が飲んだり食べたりしたものが子供に伝わって行くわけですから、それも当然ということになるのですが、本人にとっては好きなものが食べられないというストレスとの戦いでもあり、また栄養を摂取しなくてはならないという強迫観念も強いのです。

 

授乳中は特に、ちょっとした飲み物にも注意を払うべきで、特にカフェインの入った飲料は避けるべきだと言われています。そのため、コーヒーや紅茶が好きな人はかなりストレスがたまるようです。この時、人気なのがノンカフェインの飲み物で、ルイボスティーやたんぽぽコーヒーなどが人気なのですが、ノンカフェインのお茶としてはハトムギ茶も有名です。

 

このハトムギ茶は、妊婦は飲まないほうが良いそうです。栄養豊富なお茶であることは間違いないのですが、ハトムギにはコイクセノライド(コイクラクミン)という成分が含まれており、この成分は体に不要なものを排泄するように促す作用があって、体内をきれいにするために役立ちます。しかしながら、これが原因になって流産が起こるリスクが高まると言われているのです。ですから、妊婦はハトムギは避けるべきだと言われているのです。

 

出産後は授乳期間中でもハトムギ茶は飲んで構いませんし、むしろ栄養が豊富なので良い母乳を出すことに貢献してくれるでしょう。ただし、利尿作用がありますので、水分摂取を考えるとハトムギ茶による水分摂取に頼らないように注意しないと、脱水症状が起こることもあるので注意してくださいね。

 

⇒サプリもあります! ハトムギサプリのランキング

更新履歴

Copyright (C) 2017 炭水化物をカットするサプリの口コミランキング最新版 All Rights Reserved.