トップページ ≫ ニキビ跡を隠すメイク方法

ニキビ跡を隠すメイク方法

できてしまったニキビ跡は、肌のターンオーバーや保湿などの繰り返しにより改善することができます。しかし、この方法ではニキビ跡を治すのに時間がかかってしまいます。ニキビ跡を治すのではなく、この場だけ隠しておきたいという場合は、メイクを工夫し隠してみてはいかがでしょうか。

 

メイク前に

 

ニキビ跡カバーメイクは、少しずつ薄く塗り重ねて、ニキビ跡のない部分の肌と同じ肌色にしてなじませることがポイントです。コンシーラーを使用する際はチップで塗らず、一度手の甲に出してから塗りましょう。

 

ファンデとコンシーラーで整える

 

まず、リキッドファンデを全体に塗ります。その後、リキットファンデと同じ色のコンシーラーでニキビ跡をカバーします。ニキビ跡にコンシーラーをのせたら、指で軽く叩いてなじませます。コンシーラーを使う部分はニキビ跡だけにしておきましょう。これを繰り返していくことで、ニキビ跡のない部分と自然になじみカバーすることができます。

 

プラスアルファ

 

ニキビ跡をカバーし終わったら、粉で仕上げをします。肌がふんわりとし、自然な仕上がりになります。パフを使う際は肌を軽く押さえつけるようにしましょう。そうすることで粉と肌のフィット感が高まります。

Copyright (C) 2017 炭水化物をカットするサプリの口コミランキング最新版 All Rights Reserved.